• ホーム
  • 運転するのに花粉症が辛い!そんな方にはクラリチンが効果的!

運転するのに花粉症が辛い!そんな方にはクラリチンが効果的!

2020年06月24日
薬を飲む男性

花粉症の治療薬として利用される抗ヒスタミン薬は、一般的に服用する時に眠気が出ることが多いですので、仕事中などに車や機械の運転をする人にとってはネックになるところです。仕事をしないといけないにもかかわらず、花粉症の症状もつらいとなる場合に、どうしようもなくなります。仕事を辞めるわけにもいきませんので、花粉症の薬を飲まないとなると、症状がつらくなります。

これらの悩みを持っている人は、クラリチンと呼ばれる抗ヒスタミン薬を使用することをおすすめします。クラリチンは花粉症に効く薬の中でも、副作用の眠気が出にくいということです。主成分として含まれているロタラジンの成分により、ゆっくりと効果を示すことができます。ゆっくりと効果を示すことができる反面、副作用を抑えることに繋がりますので、日頃から仕事で運転などを行う人は服用することができる薬に該当します。

花粉症の薬は服用後眠気が出やすいと言われている中で、ゆっくりと効果を出すことができますので、眠気が出たり、集中力が切れたり、判断力が低下したりするということが無いですので、仕事や学校に行っている人でも影響がほとんど出ないと言ってもよいでしょう。眠気がほとんど出ないということですから、薬の注意書きでも車の運転や機械などの操作ができないという旨の記載がされていませんので、そういう人であっても服用することができる花粉症の薬として重宝されています。

クラリチンは鼻水やくしゃみを止めることができるとは言っても、強力に作用するということはありません。アレルギー性鼻炎のほかにも、皮膚病などにも作用することになります。発症してしまった花粉症を完全に止めることは難しいですので、発症する前から服用し始めることが重要です。発症を少しでも遅らせるための予防薬として使用することが望ましいです。こういう使い方をするのであれば、花粉が飛んでくる2週間前ぐらいから服用をしなければいけませんので、ある程度薬をもらったほうがいいということが言えます。

クラリチンは1日1回食後に1錠服用します。1回飲むと14時間ぐらいは効果が持続しますので、日中に効果的に効き目を持続させたいのであれば、朝食後に服用するのがよいでしょう。1回だけ服用するわけですから、忘れないようにするためにも同じタイミングで飲むことを習慣づける必要があります。効果的に服用することにより、つらい花粉症を和らげることができて、運転などにも支障が無いという優れものの薬です。