せきが出ている女性

ザイザルをはじめとした抗ヒスタミン薬はアレルギー症状を和らげるためにとても効果がありますが、その反面として眠気が出やすいという副作用が持ちます。効果が強い薬はその分副作用が出やすいという関係がありますが、ザイザルは効き目と副作用のバランスが取れた薬として医師から処方されることが多いです。ザイザルは花粉症の治療薬で、ザイザルはレボセチリジンを主成分をした抗ヒスタミン薬で、2010年に販売された比較的新しい薬です。

ザイザルの効果

ザイザルは主に花粉症の症状を和らげるために使用する薬ではありますが、ハウスダストなどの通年性アレルギー性鼻炎や蕁麻疹、湿疹などでも利用することができるアレルギー疾患に使える薬です。蕁麻疹や湿疹などの皮膚炎においても免疫機能が原因で起こるようなものであれば、ザイザルを服用することによってかゆみを止めることができます。花粉症などのアレルギー性鼻炎だけでなく、アレルギー症状などが原因となる皮膚炎に関しても使用することが可能です。

古くから花粉症の治療で使われている抗ヒスタミン薬のジルテックを改良して作られた薬で、効き目についてはそこそこありながらも、副作用の部分を弱めることに成功しています。効き目の強さと副作用である眠気の強さのバランスが絶妙に取れていると言えるでしょう。正しく服用することができれば効き目の強さを維持しながらも、副作用があまり出ないということを実現することも可能です。

ザイザルは1回の服用で24時間効き目がありますので、花粉症の症状で起こりがちな鼻水やくしゃみなどを抑えることにも繋がります。花粉症の症状が現れてからでも効き目がありますので、利用価値がとても高いです。主成分の血中濃度がピークになる1時間後から7時間後までの間が一番効き目があると言ってもいいですが、この間は副作用も強いと言えますので、服用するタイミングについては注意を要します。7時間後以降になると効き目は次第に緩やかになってきて、それが24時間後まで継続するということです。

ザイザルは1日1回服用するだけでOKではありますが、飲むタイミングについては就寝前が一番望ましいです。寝ている時に効き目も副作用も強いということであれば、日常生活を送る上で何ら影響をしませんので、日中においても大丈夫だと言えます。容量は1日1回5mgで大丈夫なわけですが、症状などに応じて10mgまで増やしても構いません。飲む時には就寝前に水やぬるま湯で飲むようにしてください。仮に飲み忘れた場合はそこで1回分飲むということで代替するようにします。複数回分飲むのはあまり好ましいことではありませんので、同じタイミングで飲み続けるということが大事です。

ザイザルの副作用

ザイザルは花粉症などのアレルギー症状を改善するのにとても役に立ちますが、副作用が全く起こらないというわけではありませんので、注意深く利用をしていくことが求められます。もし利用をしていて重大な副作用が起きたのであれば、すぐに医療機関にかかってください。

ザイザルの副作用で一番顕著なものと言えば眠気になります。特に服用して1時間後から7時間後については効き目が強い代わりに副作用も強くなります。この時間帯に仕事や学校などに行くとなると、眠気が強く出たり集中力が低下したりしますので、注意をしなければいけません。特に、車の運転やクレーン車の運転をする前に服用してはいけないという注意書きもありますので、仕事としてどうしても使用しないといけない人はいったん医師に相談した方がいいです。

その他の副作用として頭痛や吐き気、めまい、口の渇きなどが生じることがあります。これらの症状がなぜ発生するのかというと、ヒスタミン受容体と似ているアセチルコリン受容体もブロックするからです。これらのことを抗コリン作用と言います。抗コリン作用が発生することで口の渇きなどが起こるというのであればまだいいかもしれませんが、服用期間が長期化すると肝機能障害が起こるということもありますので、注意を要することになるでしょう。

まれに重大な副作用が見られることもあります。重大な副作用として具体的には、アナフィラキシーショックやけいれん、手足の冷え、肝機能障害などがあります。基本的にザイザルは肝臓や腎臓が悪い人の場合は使用してはいけない薬になりますので、あらかじめ持病などがある人についてはどういう症状が見られるのか、どういう薬を服用しているのかを医師に伝えてください。

ザイザルと他の薬との飲み合わせに注意を要するものがあります。セチリジンやヒドロキシジンなどザイザルを同じ様な効果を示す薬については、一緒に飲むことによって効き目が強くなり副作用が起こるということもあるということです。こういう薬で副作用が強く出たのであれば、ザイザルにおいても控えた方が安全です。その他にも、アルコールと一緒に服用するというのは、副作用である眠気が強く出る可能性がありますので、ぜひとも止めておいてください。