教師になる方法.com

教師になる為に知っておくべきいろいろなこと

教師になる方法.comへようこそ!

最近では『学級崩壊』など珍しいことではなく、児童や生徒に対する接し方がわからず、ノイローゼになる教師も少なくはありません。子供が嫌いというわけではなくても、『私はもしかしたら教師に向いてないのかも……』と悩んでいる方も多いのではないかと思います。

そのような中、『教師になりたい』という夢を持っている人も大勢居ます。その夢には、『子供が好きだから』『子供の成長する様子を見届けたいから』という想いもあれば、『子供を教育して、素晴らしい未来を迎えたい』という想いまで、その夢を抱く動機も様々です。

教師になれば、確かに子供達を教育する資格を得ることが出来ます。しかし、その教師の背を見て、子供達が『私もこの人の言うような、立派な大人になろう』と思うかどうかはまた別の話です。子供達にも、『誰に憧れ、影響を受けるか』を選ぶ権利があります。

子供とは、とても感受性が強く、賢い生き物です。したがって、私達がいざ『子供の教育をしよう』と躍起になったところで、一筋縄ではいかないのが子供なのです。そして、そのような子供が一人や二人ではなく、30人・40人と教室の中であなたの授業を聞くことになるのです。

もちろん、子供相手に限らず、『インストラクターになりたい』『何かを教える人間になりたい』と思っても、それは同じことなのかもしれません。対人間にものを教えるということは、『自分よりものを知らない人間』に対し、根気よく、わかるまで教えるということは、なかなか出来ることではありません。

ここで一つ言及しておかなければいけないのは、『自分よりものを知らない』からと言って、少しでも蔑むような言い方をしたり、ムキになって相手を叱りつけるようなことをして、教える相手を威嚇するような行為は絶対にしてはいけない、ということです。

『教師になる方法.com』では、教師になる過程のほかにも、教師として知っておかなければいけない心構えや、子供の成長にとって大切なことについても、詳しくお話していきたいと思います。